ワンピースコミックス巻93"えびす町の人気者" 感想・考察(前編) | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

コミックス

ワンピースコミックス巻93“えびす町の人気者” 感想・考察(前編)

投稿日:

ワンピースコミックス93巻とビブルカードの発売日だった昨日、ワクワクしながら帰宅して郵便受けを見たら、何も入っていなくてやるせなくなったワンピース依存症、ゾリラバです、こんばんは。

どーゆーこと!?

発売日遅れ?

出荷トラブル?

配送遅延?

ぷんすかしながら、ア◯ゾンや楽◯ブックスの注文履歴を確認したところ

 

注文してないじゃん!!!

 

ゾリラバの脳内で濡れ衣を着せた各方面の皆様、ごめんなさい。

反省してます。

注文したつもりでしてませんでした。

 

さて、感想が1日遅れた言い訳も済んだところで、早速、7月4日発売のワンピースコミックス巻93の感想、いってみたいと思います。

ジャンプ掲載時の詳細なリアルタイム感想は、各リンクからご覧下さい!

 

第932話 “将軍と花魁”

ワノ国編の冒頭から登場していた、三味線を弾く狐面の女性が小紫と判明した第932話。

ため息が出るほど美しい音色と描写されている三味線の音色を、アニメで聴くのが楽しみで仕方ありません。

 

また、何週間にもわたる稽古を積んでようやくオロチ将軍のいる城内への潜入を果たしたおロビことロビンでしたが、将軍お抱えの庭番衆にあっさり見つかってしまいました。

でも8歳の頃から世界政府の目をかいくぐり、秘密結社の副社長まで務めていたロビンの方が一枚上手です。

分身を使って難なく囲みを脱出しました。

 

改めて考えてみると、ロビンはハナハナの能力で分身を出せるし、ナミは“幻想妖精(ファタ・モルガナ)”で分身を見せられるし、ブルックにもテャマスィー・モードがあるので、麦わらの一味もある意味、忍者と変わりませんね。

この3人は潜入要員にぴったり。

第932話 “将軍と花魁”感想・考察(その1)はこちら

第932話 “将軍と花魁”感想・考察(その2)はこちら

 

第933話 “武士の情け”

オロチ将軍に歯向かった小紫が狂死郎親分に袈裟懸けに斬られ、城内が大騒ぎになる急展開の回でした。

にも関わらず、ゾリラバ的には、この回の主役は、くノ一のしのぶさん一択。

それくらい若い頃のしのぶさんの現在とのギャップは、男殺しの術の変遷とともに衝撃的でした…。

ワノ国編のギャグ要員として不動の地位を獲得した感のあるしのぶさん。

登場するたびに笑う準備をするほど、ワクワクさせてくれます。

第933話 “武士の情け”感想・考察(その1)はこちら

第933話 “武士の情け”感想・考察(その2)はこちら

 

第934話 “花のヒョウ五郎”

ビッグマムの子供達の間で勃発した跡目争い(?)の口論が興味深かったこの回、ようやくワノ国の地図らしきものが登場します。

花の都を含め、6つの地区とカイドウが住む鬼ヶ島からなるワノ国の全容が少しずつ明らかにされました。

そしてワノ国とゾロの所縁を示唆するかのような“スナッチ”というキーワード。

コミックス92巻のSBSで、既にワノ国の船が数十年前に東の海に到達したことを知っているコミックス読者には驚きは少ないかもしれませんが、原作を読んだ時には、ゾロの過去編来るか!?とドキドキしました。

第934話 “花のヒョウ五郎” 感想・考察(その1)はこちら

第934話 “花のヒョウ五郎” 感想・考察(その2)はこちら

 

第935話 “QUEEN”

前話のタイトル“花のヒョウ五郎”の意味が、ようやく分かった回でした。

実はかつてのワノ国大親分だった花のヒョウ五郎は、長い間の囚人生活で痩せこけた老人“ヒョウじい”になっていました。

その“ヒョウじい”を助けるために、ルフィが大暴れしていた囚人採掘場に、大看板で13億越えの賞金首、“疫災のクイーン”が到着します。

 

ところで今、ダンシング・クイーン(笑)を改めて見てて気づいたけど、もしかして“疫災(えきさい)”も「エキサイト」とかけてる?

クイーンの意外な軽さとノリの良さに、却って得体の知れなさと大物感を感じていたこの頃でした(遠い目)。

でもこの回、男性諸氏には、ロビンとナミの入浴シーンの方がインパクト大だったかもしれません。

しのぶさんの忍法も、コカーン、コカーンと大炸裂。

しのぶさん、最高。

 

第935話 “QUEEN” 感想・考察(その1)はこちら

第935話 “QUEEN” 感想・考察(その2)はこちら

 

第936話 “大相撲インフェルノ”

第936話のサブタイトルは、卯丼のルフィ達を処刑するためにクイーンが考えた「大相撲インフェルノ」。

覇王色の覇気で雑魚のウェイターズ達を瞬殺するルフィもかっこ良かったけど、ナミさんの「幸せパンチ改」やら、ゾロの久々の登場やらで(ゾリラバが)盛上りまくり。

面白すぎて感想も久々に3回に渡りました。

第936話 “大相撲インフェルノ”感想・考察(その1)はこちら

第936話 “大相撲インフェルノ”感想・考察(その2)はこちら

第936話 “大相撲インフェルノ”感想・考察(その3)はこちら

 

今週は、3日も更新をサボったので、一気に1巻分感想を書こうと思いましたが、力尽きたので、続きはまた改めて。

ビブルカードも届いたし、週末は怒涛の更新するぞー!(意気込みだけは充分)


ONE PIECE 93 (ジャンプコミックス)

-コミックス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース最新コミックス92巻 “花魁小紫登場” 感想・考察(後編)

せっかく咲いた近所の梅の花が冷たい雨に震えている様子を見て、一句ひねったりできたら良いのにと想う詩才のないゾリラバです、こんばんは。 なんと本日2回目の更新です。 コミックスの感想、終わらせておかない …

ワンピース最新コミックス91巻 “侍の国の冒険” 感想・考察(前編) ワノ国編突入!

熊本県庁前にルフィ像が立ったニュースにいてもたってもいられず、年明けに熊本への週末旅行を計画中の、偏った行動力の持ち主ゾリラバです、こんばんは。 今後、ルフィだけでなく他の麦わらの一味の像も熊本各地に …

海外のワンピース事情~ベトナムでワンピースコミックス90巻を買ってみた

世界を股にかけるワンピース伝道師兼世界経済新聞特派員、あなたのゾリラバです、こんにちは。 今回も、出張から帰国する前に30分ほど時間ができたので、本屋に行って来ました! 今日はベトナムの首都、ハノイか …

ワンピースコミックス93巻 “えびす町の人気者” 感想・考察(後半)

待ちに待ったUSJ行きを控え、今週は部下の失敗も笑って許せた寛容な上司、ゾリラバです、こんばんは。 人間だもの。 思うようにいかないことだってあります。 だからゾリラバがワンピースコミックス93巻の後 …

ワンピース最新コミックス91巻 “侍の国の冒険” 感想・考察(後編)

珍しく1日も休まずブログを更新した今週、寝不足と達成感がない交ぜになった幸せなフライデーナイトドリーマーゾリラバです、こんばんは。 今月は珍しく出張もないので、ビブルカードのキャラ番号一覧の続きなど、 …

カテゴリー

サイト内検索はこちら