ワンピース最新コミックス92巻 “花魁小紫登場” 感想・考察(後編) – ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

コミックス

ワンピース最新コミックス92巻 “花魁小紫登場” 感想・考察(後編)

投稿日:

せっかく咲いた近所の梅の花が冷たい雨に震えている様子を見て、一句ひねったりできたら良いのにと想う詩才のないゾリラバです、こんばんは。

なんと本日2回目の更新です。

コミックスの感想、終わらせておかないと、日曜はアニメ、月曜はジャンプと続きますからねー。

 

第929話 “ワノ国将軍 黒炭オロチ”

ルフィは決して人の下につくタイプではない、ということはよく言及されますが、実は麦わらの一味はわりとみんなそう。

ゾロはシャボンディでウルージさんから“人の下につくような男には見えない”と評されていましたし、ロビンやナミやチョッパーも長いこと一人で生きてきて、船長がルフィだからこそ、一味に加わって海賊をやっています。

フランキーだってそう。

ウォーターセブンで大勢の子分達を従え一家の棟梁だったフランキーは、元々アニキ気質です。

そのフランキーが、伝説の大工港友さんに弟子入りして、何週間も人の10倍働いてきたのは、ひとえにカイドウの屋敷の見取り図を手に入れるため。

その苦労が無駄になる過程が5ページにわたって描かれました。

笑うとこなのにフランキーが気の毒過ぎて笑えません。

 

他方、一人絶賛迷子中のゾロは、トの康という太鼓持ちの道連れを得て、どこへ向かっているか本人を含め誰もわからないファンタジスタ路程からは抜け出せた模様。

しかし、いつどこで仲間達と合流できるんでしょう。

鬼ヶ島討ち入りまで会えないかもね。

そして仲間達は、長いことゾロがいないことを誰も気に留めてないというね(笑)

よくあることなんだろうな…。

麦わらの一味が海賊で、船で移動しているのでなかったら、ゾロはとっくの昔に一味からはぐれていただろうなぁ。

 

サブタイトルになっている黒炭オロチは、今回ようやくその姿を見せましたが、なんかねー。

ビジュアル的にも性格的にも小者感いっぱいで、どうも語る気が起きないというか、食指が動かないというか。

圧倒的強者感があったカイドウの初登場シーンと比べても、将軍オロチは残念な印象が否めません。

やはりカイドウの傀儡に過ぎないバカ殿なのか?

 

第929話 感想・考察(その1)

第929話 感想・考察(その2)

 

第930話 “えびす町”

太鼓持ちのトの康に連れられてゾロがやって来たのは、同じ花の都の“おこぼれ”で暮らしていても、九里の“おこぼれ町”とは違ってなんだかみんな明るい“えびす町”。

ゾロがここに来たことには、なんの意味があるのかな?

どのようにこの後のストーリーに繋がっていくのでしょう。

 

そして場面は変わって鬼ヶ島。

珍しくカイドウが取り乱していると思ったら、なんとビッグ・マム海賊団が早々とワノ国に接近中でした。

ビッグ・マム本人を先頭に、長兄のペロスペロー以下、幹部も大勢クイーン・ママ・シャンテ号に乗っています。

しかしあわや滝登りの末に上陸かと思いきや、大看板の一人キングが飛来し、あっという間に船を滝壺に蹴落としました。

仲良くなさそうなクイーンは認めていないかもしれませんが、名前からしても多分キングが大看板の筆頭なのでしょうね。

見るからに強そうです。

 

そして、今回の感想が2回にわたる原因となったサンジのあれ!

そう、あれです。ジェルマのレイドスーツですよ!

変身への期待が一気に高まります。

ワンダバダバダバ♪

 

第930話 感想・考察(その1)

第930話 感想・考察(その2)

 

第931話 “おそばマスク”

サンジのレイドスーツがどんな仕様なのか、あれこれ考察を巡らせた1週間は、とても楽しかったです。

はい、たとえ予測が見事にはずれようとも。

興奮のあまりチョイ見せだけで記事を1本書いてしまうほどに。

サンジのレイドスーツは、まさかのステルス・ブラック。

改めて伏線大魔王尾田っちに唸らせられた回でした。

サンジの変身シーンを早くアニメで見たいよい。

 

一方、念願かなってオロチ将軍からお座敷がかかったおロビことロビン。

城内をこっそり探索中のところ、将軍お抱えのお庭番衆に見つかってしまいます。

さて、このピンチ、どうやって脱出するのか。

 

そして更に場面は変わり、九里ヶ浜のチョッパーサイド。

お菊、チョッパー、モモの助、お玉ちゃんという面子が、浜辺で大変なものを拾ってしまいました。

なんと打ち上げられていたのは、記憶を失ったビッグ・マム。

どーすんだ、これ…。

 

第931話 チョイ見せ感想・考察

第931話 感想・考察(その1)

第931話 感想・考察(その2)

 

あちこちで緊迫感が高まったところで、92巻はおしまいです。

続きは3ヶ月後に持ち越しだよい。

 


ONE PIECE 92 (ジャンプコミックス)

-コミックス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワンピース最新コミックス92巻 “花魁小紫登場” 感想・考察(SBS編)“東の海” に渡ったワノ国の人々とは!?

3月の幕開けと共にワンピース関連の新しい情報が次々と入ってきて、脳内のCPUが処理しきれていない旧世代コンピューター、ゾリラバです、こんばんは。 3月2日に出張から戻って以来、新作映画“STAMPED …

ワンピース最新コミックス90巻“聖地マリージョア” 感想&考察(前編)

今朝はONE PIECEのコミックス最新巻以外にも、いろいろな予約注文の品をコンビニで受け取ったので、退社時刻を一日千秋の思いで待ち続けたゾリラバです、こんばんは。 あ、ちゃんと仕事はしました。一応。 …

ワンピース最新コミックス91巻 “侍の国の冒険” 感想・考察 (SBS編)

ワンピース最新コミックス91巻を通読して、改めてお玉ちゃんのかわいらしさにノックアウトされた長男長女気質のゾリラバです、こんにちは。 12月4日に発売された一連のワンピース関連書籍の感想も今日が最後。 …

ワンピース最新コミックス91巻 “侍の国の冒険” 感想・考察(前編) ワノ国編突入!

熊本県庁前にルフィ像が立ったニュースにいてもたってもいられず、年明けに熊本への週末旅行を計画中の、偏った行動力の持ち主ゾリラバです、こんばんは。 今後、ルフィだけでなく他の麦わらの一味の像も熊本各地に …

ワンピース最新コミックス90巻“聖地マリージョア” 感想&考察(SBS篇)

来週の月曜はワンピースが休載なので、今日からの出張がいつもほど苦痛ではないゾリラバです、こんばんは。 数日間、更新頻度がまた少し下がると思いますが御寛恕下さい。   さて、これから荷造りもしないといけ …

カテゴリー

サイト内検索はこちら



プライバシーポリシー

◎ 個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせなどの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報を登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、目的以外の使用はいたしません。

◎ 個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等に基づき開示が必要となる場合

◎ 個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望があった場合には、ご本人であることを確認させていただいた上で、速やかに対応させていただきます。

◎ クッキー(Cookie)

当サイトでは、一部のコンテンツについて、クッキー(Cookie)を利用しています。これは、サイトにアクセスした際にブラウザに保存される情報ですが、お名前やメールアドレス等の個人情報は含まれません。
当サイトのアクセス解析にCookieの情報を利用させていただく場合があります。ブラウザの設定により、Cookieを使用しないようにすることも可能です。
当サイトで利用しているアクセス解析、広告サービスは以下のとおりです。

グーグルアナリティクス

グーグルアドセンス

◎ 第三者配信の広告サービス

当サイトでは、第三者配信の広告サービスである「グーグルアドセンス」を利用し、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告が掲載される場合があります。
この広告サービスでは、上述のCookieを使用することで、ユーザーが当サイトや他のサイトを訪れた情報に基づき、適切な広告を表示します。
Cookieを利用した広告を無効にする方法については、こちらの広告設定をご参照ください。

◎ プライバシーポリシーの変更

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

◎ 免責事項

当サイトのコンテンツ及び情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、情報が古くなったり誤情報が含まれている可能性もございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等については、一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

運営者情報:ゾリラバ

https://zorilover.com