ワンピース第963話"侍になる" 感想・考察(その1) イヌアラシ、ネコマムシ、河松の仲間入りと赤鞘九人男の感動の成長物語 | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース第963話“侍になる” 感想・考察(その1) イヌアラシ、ネコマムシ、河松の仲間入りと赤鞘九人男の感動の成長物語

投稿日:

世間の風と自分の弱さに心が折れそうな日も、ワンピースを読めば元気が湧くゾリラバです、こんばんは。

今週のワンピは、光月おでんの大きさに魅了され、サブタイどおりの赤鞘九人(十人?)男の成長に感動した回でした。

早速、感想いってみましょう。

 

以下、週間ジャンプ掲載のONE PIECE最新話の内容に触れますので、コミックス派、アニメ派の方は、ネタバレご注意下さい。

 

イヌ、ネコ、河童の受難と救済

前回、まさか7才のイヌアラシとネコマムシが、二人きりでゾウからワノ国まで航海してきたとは思えないと書きました。

思いっきり二人だけで来てるじゃん!

“世界にゃあ5こ以上の島がある”って、あなた。

よくそんな認識で生きてたどり着けたものです。

しかもボートって…

若気の至りにも程があるガネ。

 

で、巻き添えを食った河童の河松とともに、海岸で危うく火あぶりにされそうなところを、偶然通りかかったおでん様に救われます。

ごろつき達に仁王立ちで説教するおでん様のカッコいいこと。

たとえ「牛すじ」と書かれたふんどし一丁でも!

これは、あれだね。

おでん様は、おでんの具が書かれたいろんなバージョンのふんどしを持ってるとみたね。

「ちくわぶ」とか。

 

やんちゃなネコと健気な河松

豪快で自由奔放なネコマムシの旦那は、子供の時からやんちゃそのもの。

猫舌で熱いおでんが食べられず、怒って鍋をひっくり返したりしてます。

 

一方、河松は子供の頃から優しくて我慢強い感じですね。

カッパと名乗っているのは、今は亡き母の教えによるもので、本当は魚人だったとは。

お母さんはどうやら、尾ひれが二股になった人魚のようです。

 

世界中に未だ残る魚人に対する差別は、ワノ国でもありました。

いや、むしろ何百年も鎖国している閉鎖的なワノ国では、異質なものへの差別はより厳しいでしょうね。

まさにおでんが言うとおり、無知ゆえに一層、異形を恐れるというわけです。

 

そんな“異形”を面白がるおでんの仲間に、半ば強引に3人が加わって、おでん城は益々にぎやかです。

お菊とじゃれるネコマムシがかわいいガネ♪

 

オロチの暗躍と康イエの薫陶

大所帯になったおでん城の台所を切り盛りしているのは、どうやら子供の時から頭が切れた傳ジローのようですね。

そしてこの頃からオロチはおでん様に無心をしている模様。

おでん様の言う「独立しても」というのは「オロチが康イエのコマ使いから独立した」という意味でいいのかな。

 

いずれにしても家臣達は「台所が苦しいのは康イエの息のかかったオロチが頻繁に借金にくるせい」とばかりに、忍者の雷ぞうの指導の下(笑)、康イエのところに盗みに入ることにしたようです。

これが第943話の「おでんは好きか?」の感動シーンにつながるわけですねー。

 

康イエに諭され、先行投資までしてもらって、チンピラ、ごろつき、孤児、流れ者達が、礼儀を学び、学問を身に付け、剣の腕を磨き、文武両道の威風堂々とした「侍」になっていくのは、実に感動的です。

まさに、ジャンプの王道の価値である「仲間」と「成長」ですよ。

 

それにしても、傳ジローは仲間うちで学問の師範的立場みたいだし、剣も鍛えているようで、かっこええなー。

以前も、傳ジローは赤鞘九人男の頭脳だったのではないかと書きましたが、ホントに今、どこにいるんでしょうね。

ゾリラバ、気になり度MAXですがな。

 

そこから更に3年後の花の都への大名行列と白ひげとの出会いについては、また書きますね。

それにしてもオロチ、おまえなんでいつの間にかスキヤキ将軍の側にいるんだ!?

怪しすぎる!

 

今週の進展を踏まえてワノ国年表も更新しました。

若干15才の見習いマルコが尊い!

 


ONE PIECE 95 (ジャンプコミックス)

 

-ジャンプ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース第929話 “ワノ国将軍 黒炭オロチ”感想・考察(その1)

年末年始の夜型生活のせいで「引きこもり型時差ぼけ」になっている労働者ゾリラバです、こんばんは。 でもワンピース最新話読みたさに仕事への責任感から頑張って起きて働きました!(ドヤ顔するほどのことでもない …

ワンピース第939話 “老いたる豹は路を忘れず” 感想・考察(その2) ヒョウじいの武装色の覇気は凄い!

アマ○ンで注文したパソコンが一晩で届いたことに今更ながら感動している昭和世代ブロガー、ゾリラバです、こんばんは。 でも忙しくてセットアップする時間がないなんて聞いてなーい! 段ボールを開梱する時間すら …

ワンピース第942話 ““白舞大名”霜月康イエ” 感想・考察(その1) 太鼓持ちのトノ康の最期と生き様

今週のワンピースの展開に朝から心を乱されて仕事が手につかなかった分別ある大人、ゾリラバです、こんばんは。 なんなんでしょう、この展開は!? いやー、もうビックリです。 ここから先は、週刊ジャンプ掲載の …

ワンピース最新第961話“山の神事件” 感想・考察(その1) オロチは康イエのコマ使いだった!錦えもんと傳ジローはおでんの一番弟子

先週に輪をかけて多忙な1週間を終え、出口の見えないトンネルを歩いている気分のゾリラバです、こんばんは。 苦境の長いトンネルを抜けるとトンネルであった。 と日本文学史に残るノーベル賞作家も言っています( …

ワンピース 第904話 “革命軍全軍隊長登場”(感想その1)

  月曜の朝はジャンプの分だけ増える通勤カバンの重みに幸せを感じるゾリラバです、こんばんは。   いやー、今週も新しい情報満載で、わくわくがとまりません。   早速いってみましょう。   そ …

サイト内検索はこちら

カテゴリー