ワンピース第956話"ビッグニュース"感想・考察(その1) 王下七武海撤廃とサボの生死 | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ 考察~徒然なるままに

ワンピース第956話“ビッグニュース”感想・考察(その1) 王下七武海撤廃とサボの生死

投稿日:2019年9月21日 更新日:

今朝のワンピース最新話を読んだら、昨日の夜から作成していた黒ひげ海賊団一覧表どころではなくなり、興奮して部屋をうろうろし始めた不審人物ゾリラバです、こんにちは。

いやー、なんかもうスゴいことになってますね。

討ち入り当日を迎えて最高にワノ国編が盛り上がってきたところで、マリージョアの顛末に場面転換ですからねー。

しかもサブタイトルどおり、ビッグニュースのてんこ盛り。

もう、この展開、尾田っちはホント天才だわ。

 

では早速、第956話“ビッグニュース”の感想・考察、いってみましょう。

ここから先は週刊ジャンプ掲載ワンピース最新話の内容に触れますので、アニメ派、コミックス派の方は、いつものようにネタバレにご注意下さいませ。

 

3つの大ニュース

昨年末に、マリージョアでの世界会議(レヴェリー)に関して、今後の展開が気になる10のポイントを列挙しましたが、ようやく9ヶ月経って、舞台が再びマリージョアに戻りました。

もっとも、現在討ち入り当日を迎えているワノ国の時間軸から遡ること1週間前に既にレヴェリーは終わっていて、今週はその前後の各地での出来事が描かれます。

世界経済新聞社の社長モルガンズの言葉を借りれば、事件につぐ事件のうち、特に重要なキーワードは、「死者」「議決結果」「殺人未遂」のようです。

穏やかならぬ言葉が並んでいて、これらのニュースを伝えられた世界各地の反応を見ても、ゾリラバの心拍数は上がりまくり。

一つ一つみていきましょう。

 

サボの生死

天竜人の無敵奴隷とされ虐待されていたバーソロミューくまを救出するために、決死の覚悟でマリージョアに乗り込んだサボ達が描かれたのは、第908話。

その後、925話で、黒ひげティーチの口から、マリージョアで革命軍が海軍大将“緑牛”“藤虎”とぶつかったことが語られました。

そして今週、まるでサボが死んだかのような各地の人々の反応が描かれます。

 

カマバッカの革命軍総本部では、イワさんが「あのサボよ!!?あり得ナッティブル!!!ヴァターシ信じないっ!!!」と取り乱してますし、コアラが「サボ君…!ウソだよね…」と涙目になってます。

ゴア王国では、マキノさんやダダンもサボの悲報にうちひしがれたり号泣しています。

 

でもね、ゾリラバは信じませんよ。

モルガンズの言う「死者」がサボとは限らないし、各地の人々も誰一人サボが「死んだ」とは一言も言っていません。

サボに関する何かしらの悲報が世界経済新聞に載っていたことは確かでしょう。

でも単に「サボが海軍に捕まった」というニュースでも各地で起きる反応は同じだと思います。

特に最後のティーチの反応から、ゾリラバ、サボは生きていると確信しました。

 

おい野郎共船出すぞ!!

海軍に取られるぐれェならおれが貰っちまおう!!!

 

これは間違いなくサボのメラメラの実のことを言っているのでしょう。

ティーチ達黒ひげ海賊団は、能力者狩りをして使える悪魔の実を集めています。

ドレスローザで描かれたとおり、元々エースの能力であったメラメラの実には、ティーチも特に思い入れがあるようでした。

悪魔の実は、能力者が死ぬとすぐに近くの果物に乗り移るという描写がパンクハザードでありましたから、もしサボが既にマリージョアで殺されていたら、今更ティーチが船を出しても、メラメラの実を入手できる可能性は限りなく低いでしょう。

でもサボがマリージョアに捕まっている、もしくはインペルダウンに護送されるのであれば、今から襲ってサボの身柄を奪えば、アブサロムを殺してスケスケの実を奪ったようなことが可能です。

 

したがって、モルガンズのいう「死者」は別人で、サボは生きている。

のハズだ!

 

ま、かなり希望的観測入ってますが。

9割方、サボが死ぬわけない!という頑なな思い込みですが。

だってこのタイミングでサボが死んだりしたら、ルフィ、立ち直れないでしょう。

映画スタンピードでのサボとエースの炎のエールが、サボの死亡フラグなんて、やめてくださいよ、尾田っち!!!

 

「議決結果」で王下七武海撤廃

衝撃的だけど判りやすいのは、かなり前から様々な伏線が張られていた王下七武海撤廃問題。

大将藤虎の思惑どおり、レヴェリーで議決され、撤廃が決定されたようですが、ちょっと意外なのは、行動に移される早さ。

いろいろ問題があったとはいえ、長年世界秩序を支えてきた三大勢力のひとつの王下七武海が、外様である藤虎の提唱で“下界”の王達が意思決定しただけでは、そう簡単には動かないかと思っていました。

これはすなわち、赤犬元帥も五老星も更にはイム様も、賛成に転じたということですよね。

五老星が言っていた「一度大きく掃除しなければ」というのは、七武海制度も念頭にあったのかな。

 

早速動いた海軍に、各地の現王下七武海メンバー達の反応は様々です。

とりあえずバギーとウィーブルはどうでもいいや。

ミホークもまぁ並みの海兵じゃ捕らえるなんて無理でしょうから心配ないでしょう。

気になるのは、コビーがハンコックのところに向かっていることですね。

コビー、また出世して海軍少将になっとる!!!

このルフィを敬愛してやまない二人が敵味方になるわけですが、どう転んでもワクワクしますね。

展開が楽しみ!

 

残るひとつのキーワード「殺人未遂」というのは、なんでしょうね。

革命軍や海賊が殺されそうになっても「殺人未遂」という言い方はしないでしょうから、ロズワード聖、チャルロス聖あたりに革命軍が一矢報いたのかな?

革命軍の誰とも連絡が取れない、というのも気になるところです。

 

その他にも世界経済新聞社のこととかドレークのこととか、書きたいことが他にも山ほどありますが、朝からコーフンしっぱなしでお腹が空いたので、いったん筆を置きます。

 


ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

-ジャンプ, 考察~徒然なるままに
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース 第924話 “は” 感想・考察 (その1)

迫力ある食べっぷりに、一緒にいるだけで食欲が湧くと言われる覇王食の覇気の持ち主、ゾリラバです、こんばんわ。 ゾリラバの覚醒した覇気は当然周囲にも影響を及ぼします(どや顔)。 さて、今週のワンピースの注 …

ワンピース第963話“侍になる” 感想・考察(その1) イヌアラシ、ネコマムシ、河松の仲間入りと赤鞘九人男の感動の成長物語

世間の風と自分の弱さに心が折れそうな日も、ワンピースを読めば元気が湧くゾリラバです、こんばんは。 今週のワンピは、光月おでんの大きさに魅了され、サブタイどおりの赤鞘九人(十人?)男の成長に感動した回で …

ワンピース 第927話 “禿(かむろ)のおトコ” 感想・考察 (その1)

今週のワンピース最新話のタイトルを見て、すわ、お菊ちゃんの「実は男でした」カムアウト来たか!?と早合点したゾリラバです、こんばんは。 冷静に考えれば、お菊は禿(かむろ)というには歳をとりすぎですね。い …

ワンピース第958話“約束の港” 感想・考察(その2) ルフィ達はどこ?満月とスマシと狂死郞

書きたいことがあってウズウズしている時に限って、仕事がめちゃめちゃ忙しくなるマーフィーの法則の申し子、ゾリラバです、こんばんは。 ようやく帰途につきましたが早くも疲労でまぶたが重く、タイトルが「部屋と …

ワンピース 地名・国名の謎(東の海篇)

職場で「時差ボケが酷くて」と嘆いたら、「時差ボケで天然ボケが上書きされればいいのに」と冷たく言われたゾリラバです、こんばんは。   昨日、途中で力尽きた地名・国名の考察の続き、早速行ってみた …

カテゴリー

サイト内検索はこちら