ワンピース第951話 "RAMPAGE" 感想・考察(その1) ロビンの変顔再び!カイドウVSビッグマム!? | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース第951話 “RAMPAGE” 感想・考察(その1) ロビンの変顔再び!カイドウVSビッグマム!?

投稿日:

すっかり月曜朝の恒例行事になった「ベッドでONE PIECE」が快感過ぎて、マンデーブルーを克服したゾリラバです、こんばんは。

毎週驚きの展開で、スッキリと目覚められますわ。

今週のワンピも伏線回収&ツッコミどころが満載で、何から書いていいのか迷うほど。

まさにサブタイどおりの“RAMPAGE”(大暴れ)。

早速、感想と考察、いってみましょう!

アニメ派、コミックス派の方は、ネタバレご注意下さい。

 

ホーキンスの思惑

ローの身柄と引き換えに、無事に解放されたベポ、シャチ、ペンギン。

取引の理由は、ホーキンス曰く、ローが部下の命を捨ててもホーキンスの命を取りに来ると面倒だから。

でも、見た目のクールさとは裏腹に、部下(幼なじみ)の命を犠牲に敵を倒すようなことをローは絶対しないとわかっている我々読者にしてみれば、「まんまとローにしてやられたな、ホーキンスよ」という感じですね。

 

「死の外科医」と呼ばれていて薄情なことを普段から口にするローが、実は情に厚い人間であることは、長く行動を共にしているハートの海賊団クルーと麦わらの一味くらいしか知らないでしょう。

 

ましてや他人の命を保険にして戦う能力者のホーキンスならば、部下の命を顧みずローが本気で闘いを仕掛けてくるかもと考えそう。

ローが大人しく捕まって、戦うリスクを避けられるならば、部下など解放しても構わないとホーキンスは思ったのでしょう。

 

ローの狙い

一方ローにしてみれば、気がかりな部下三人が解放されるなら、自分一人くらいどうにでもなると思っているでしょうね。

使い途のある自分があっさり殺されることはないと計算しているでしょうし。

うまく行けば、ルフィと同じく卯丼に送り込まれると思っているかもしれません。

だからこその先週の引きの不敵な笑いなんだと思われます。

 

傷つき血を流している時のゾロの色気はプライスレスですが、痛め付けられても不敵に笑うローの面構えも海賊らしくて中々良いですな。

 

心配なのは、船長ラブなハートの海賊団のクルー達が、「作戦」より船長の命、とか言って、何か行動を起こしそうなこと。

ローのことだから、大人しく無策で捕まっていることはなく、きっと色々と今後の手はずを考えているはず。

これでまたクルーが捕まったりしたら、ローの苦労も水の泡なので、船長の頭の良さと強さを知っているクルー達よ、自分達だけで救出に行こうなんて考えないでね。

 

それにしても、ベポの人相書きがシュッとしていることや、シャチが漢字で「鯱」と書いてあることには地味にウケました。

 

シャチは恐らく、ワノ国の人々も知っている動物だけど、ペンギンは知らないんでしょうね。

ペンギンの人相書きには「人鳥」と書いてあります(笑)

なにそれ!?

 

ロビンの変顔再び(泣)

全国に指名手配されてしまった麦わらの一味をはじめとする忍者海賊ミンク侍同盟軍。

検問を突破するためとはいえ、ロビンちゃんがまたあの変顔に!

うしろに幽霊姿のブルックを従えて、ウソップと一緒に変顔で通ることで、「さっさと通過させたい何かに取り憑かれた人」を演じるとは。

・・・。

大爆笑。

 

見れば見るほど笑えるコマなんですけどね。

あのクールビューティーなロビンちゃんが。

バロックワークスのロビンを初めて見たとき、ロビンちゃんがこんな変顔をする日が来るなんて思ってもみませんでした・・・。

サンジが見たら泣くね(笑)

 

カイドウVSビッグマム

動転したクイーンによって、卯丼からカイドウのいる鬼ヶ島に連れてこられたビッグマムが目を覚ましたようです。

起き抜けからものすごい食欲を発揮していますが、要求されるままに甘いものを提供しているのは、ビッグマムの食い煩いの恐ろしさを噂で知っているからでしょうか。

大量のお菓子でもてなした上に錠を外してやるカイドウ、大物です。

しかし四皇同士のご対面は、早速ゴゴゴゴゴゴという効果音とともに一太刀交えることになりました。

 

でもこれってたぶん、大海賊にとっては挨拶みたいなものじゃないかと思うんですよね。

ちょうどシャンクスが白ひげを訪ねた時も、交渉が決裂して一太刀交えることになり、今回と同じように覇気のぶつかり合いで天が割れました。

「来たら殺すぞ」と言っていたカイドウも、本気でビッグマムを殺すつもりなら、わざわざ錠を外してやったりしないでしょうし。

 

部下たちは恐れをなして鬼ヶ島からの脱出を考えているようですが、恐らく全面対決にはならないでしょう。

同じ船に乗っていた仲間(やっぱり「ロックス」?)だから、という理由ではなく、四皇同士が直接対決しても何のメリットもないから。

カイドウとビッグマムがつぶしあって喜ぶのは、黒ひげティーチくらいでしょうね。

 

まだまだ書きたいことがたくさんありますが、続きはまた明日!

 


Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズ Sailing Again トラファルガー・ローVer.2

-ジャンプ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワンピース 第921話 “酒天丸” (感想・考察その2)

出張先は時差がわずか1時間しかない国だったにもかかわらず、酷い時差ボケに苦しんでいる究極の方向オンチ、ゾリラバです、こんにちは。 こういうだるい日は、ワンピースでパアッと気分を明るくするしかありません …

ワンピース第970話“おでんvsカイドウ”感想・考察(その1) 裏切り者は誰?カイドウの傷は天羽々斬と閻魔による“桃源十拳(とうげんとつか)”の技!

辛いことがあると、昔読んだ“人生には薔薇の花ばかりまかれていない”という言葉を思い出す淋しい熱帯魚、ゾリラバです、こんばんは。 週に一度の楽しみの“ONE PIECE”もかなりしんどい状況が続いていま …

ワンピース 第906話 “聖地マリージョア”(感想その1)

  出張先から帰国して空港のコンビニで今週のジャンプを買い、家の近くのコンビニで注文しておいた“ONE PIECE novel A 2”と“ONE PIECE DOORS!”を受け取って、帰 …

ワンピース第965話“黒炭家の陰謀”感想・考察(その2) オロチを操った先代マネマネの実の能力者は誰?背後にいるのは世界政府?

仕事で心身ともに疲れている時こそ、ワンピースについて語ることが大きな脳内リセット効果をもたらすことを実感している師走のゾリラバです、こんばんは。 ワノ国の過去編が大いに盛り上がりを見せています。 昨日 …

ワンピース第930話“えびす町” 感想・考察(その2)サンジはレイドスーツを使う!?

サンジのレイドスーツ姿を想像するだけで、2週間を楽しく乗り切れそうな戦隊ヒーロー好き、ゾリラバです、こんばんは。 ここまで期待を高めておいて、「やっぱ今のなし!!!(ガープじいちゃん風)」なんてことは …

サイト内検索はこちら

カテゴリー