ワンピース第918話感想・考察~光月おでんの死とモモの助の年~錦えもん達はタイムトラベラー?! | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース 第918話 “ルフィ太郎の恩返し” (感想その2)

投稿日:2018年9月25日 更新日:

三連休の旅先でも、今週のワンピのラストシーンが気になって、夜しか眠れなかったゾリラバです、こんばんは。

いや、ホント、いろいろな可能性を考えすぎて、食事も日に4度くらいしか喉を通りませんでした。

ここから先は、ジャンプ連載のワンピース最新話の内容に触れますので、未読の方、アニメ派、コミックス派の方はご注意下さいませ。

 

いやー、それにしても驚きましたね、ONE PIECE第918話の最後のコマ。

この古ぼけた墓はいったいどういう事なのか。

以前、光月家おでんの謎と、光月モモの助の謎について、2回にわけて考察しましたが、今週、新たに提示された謎のピースがうまくはまる仮説をあれこれと考えているうちに、もう正解はこれ一択ではないか、という考えに至りました。

べべんっ!!!

まずはこれまで、つじつまが合わなかった事柄を改めて整理してみたいと思います。

 

光月家の治世とおでんの処刑

第914話で、ワノ国おこぼれ町の茶屋の主人、お鶴さんの口から、「20数年前までは永く光月という氏族がワノ国を治めていた」という情報が明らかにされました。

おでん城もその頃に破壊されたと。

他方、ゾウでネコマムシが言った「まだ数ヶ月しか経っちょらんハズぜよ」というセリフ(第817話)からは、光月おでんが処刑されたのは数ヶ月前のように思えます。

 

今週、光月おでんと同じくらい古ぼけたモモの助、錦えもん、カン十郎、そして雷ぞうの墓を見て思ったのは、ひょっとしたら光月おでんが処刑されたのは、実は20年以上前なのではないかということです。

そして、現在生きているモモの助と家臣達は、何らかの方法で未来に送られたのではないか、という仮説を立てました。

そう考えると、これまで辻褄が合わない、あるいは意味がわからないと思われてきたことの多くに説明がつきます。

 

モモの助の記憶

ゾウ篇とワノ国篇では、まるで読者への挑戦のように次々と「あれ?」と思うような謎が投げ掛けられました。

特に不思議だったのは、モモの助の次のセリフ。

せっしゃもロジャー達に会っておるが記おくはあいまいでござる(第820話)

 

普通に考えれば8歳のモモの助が24年前に処刑されたロジャーに会っているはずがないのですが、もしモモの助が20年前から数ヶ月前にタイムスリップしてきたのであれば、3、4歳の頃にロジャーに会っている可能性が生まれます。

 

イヌアラシとネコマムシの仲違い

大親友だったイヌアラシとネコマムシが、長い旅の末に瀕死の状態でゾウに戻った時には、既に二人は抗争状態にありました。

ここでも不思議だったのは、二人がゾウに戻ったのはまだキャロットさえ生まれていない頃の話なのに、8歳のモモの助は、

あんなに仲の良かったふたりがなぜ

とか

父上のことが原因なら

と言っていたことです。

しかしこれも、実際におでんが20年前に処刑された現場にモモの助や錦えもんだけでなくイヌアラシとネコマムシもいて、二人はなんとか瀕死ながらもゾウに帰りついたけれど、モモの助達は20年前から一気にタイムスリップした、と考えるとすとんと落ちます。

つまり、イヌアラシやネコマムシは実際におでんが処刑されてから現実の20年という時間を生きてきたけれど、タイムスリップしたモモの助や錦えもんにとっては、おでんの処刑も数ヶ月前のできごと、と考えれば、ネコマムシの「まだ数ヶ月しか経っちょらんハズぜよ」というセリフも、錦えもんとイヌアラシ、ネコマムシの以下のやりとりも「!!!なるほど!!!」と腑に落ちます。

しかしイヌアラシ!!ネコマムシ!!

おぬしらが生きてここにおったとは驚いたぞ!!!

死に損なってな、あの日の言葉を頼りにここで待てば

ああ!!必ずいつかゆガラ達に会えると思うとったぜよ!!

 

いやー、すごいスケールの話だ。

20年間も再会を待ち続けたのなら、ミンク族がたとえ国が滅ぼうとカン十郎を隠しとおしたのもわかります。

尾田っち、ほんとミスリードの天才だわ。

 

モモの助と家臣団のタイムスリップ説が正しいのではないかと思う理由はまだあります。

まず、25年以上前におでんがロジャーの船に乗り込むような年だったにしては、現在、息子のモモの助が8歳というのはずいぶんと幼いと思ったこと。

それから、光月おでんがワノ国の支配者の地位を追われてから20年も経って、改めて数ヶ月前に処刑される意味が分からなかったこともそうです。

それでは、モモの助と家臣団が未来にタイムスリップしてきたと仮定して、それはどのようにして可能だったのでしょうか。

 

おでんの能力

おでんの能力については、ロジャーと同じように、普通の人間には聞こえない声が聞こえた、ということしかわかっていません。

しかし、錦えもんたちがゾウでこんなことを言っていました。

主君おでん様の盾とならねばならぬ我らが…!!あろうことか一転命を守られて!!!

 

もしかしたら、光月おでんは、タイムスリップの能力を持っていて、錦えもん達にモモの助を託して未来に逃がしたのではないでしょうか。

タイムスリップの方法についてもうひとつ気になるのは、モモの助の回想シーン(第819)で

 

逃げるんだ、逃げ場ならある!!!

 

と誰かが叫んでいることです。

もしかしたら時空ポケットのようなものがワノ国にある可能性があるでしょうか。

 

いずれにしてもSFのような話ですが、死人が生き返ったり真っ二つにされた人間が動いたりしゃべったりする不思議な悪魔の実の能力が存在するワンピース世界ですから、ちゃんとつじつまさえあってれば、タイムスリップも充分あり得ると思います。

もしこのタイムトラベルがおでん様の悪魔の実の能力によるものなら、その死後に誰かに受け継がれているのかも気になるところです。

このタイムスリップ仮説が正しいなら、ホールデムが光月家を悪霊呼ばわりしたのもうなずけますね。

来週の展開が楽しみでござるの巻!

 

 


ONE PIECE novel A 1 (JUMP j BOOKS)

 

 


ONE PIECE novel A 2 (JUMP j BOOKS)

 

 

-ジャンプ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース第942話 ““白舞大名”霜月康イエ” 感想・考察(その1) 太鼓持ちのトノ康の最期と生き様

今週のワンピースの展開に朝から心を乱されて仕事が手につかなかった分別ある大人、ゾリラバです、こんばんは。 なんなんでしょう、この展開は!? いやー、もうビックリです。 ここから先は、週刊ジャンプ掲載の …

ワンピース 第915話 “博羅町”(感想その1)

落雷による運転見合わせで、途中駅で2時間以上足留めをくらい、ようやく帰宅できたゾリラバです、こんばんは。 体が疲労困憊のこういう時こそ、せめて心は楽しいことを考えましょう。 さて、ワンピース90巻が発 …

ワンピース第960話“光月おでん登場” 感想・考察(その2) おでんの年齢とワノ国の年表からわかる人間関係

2日続けて帰宅が午前様になるほど仕事に追われているのに、ちゃんと記事を更新している自分を褒めてあげたいゾリラバです、こんばんは。 早速、昨日の感想記事の続き、いってみたいと思います。   C …

ワンピース 第912話 “編笠村” (感想その2)

  10日後に迫ったワンピースプレミアショー&サンジレストラン@USJのことを考えると、大抵のことは笑って許せる寛大な大人、ゾリラバです、こんばんは。 今日は昨日拾いきれなかった小ネ …

ワンピース第968話“おでんの帰還”感想・考察(その1) シャンクスの涙の理由とロジャー海賊団の最後

2週間ぶりにONE PIECEが読める喜びと、2日ぶりに仕事に行かなくてはならない辛さで、今日も乙女心が揺れた月曜日のゾリラバです、こんばんは。 『ちょい見せ』で1ページ目を見た時から考察マインド疼き …

サイト内検索はこちら

カテゴリー