ワンピースキャラ語り~音楽家ブルック | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

キャラ語り

ワンピースキャラ語り~音楽家ブルック

投稿日:

今日4月3日は、ヨミヨミの実の能力者、ソウルキングこと音楽家ブルックのお誕生日です。4(ヨ)月3(ミ)日だけに。

楽器全般をこなし、2年の修行を経て幽体離脱までこなせるようになった我らがブルックじいちゃんについて、骨太に語りましょう。ホネだけに。ヨホホホホ!

 

ルフィとの出会い

麦わら一味で一番ののっぽで、一番の年寄り。現在、おんとし90歳。

感動的なエピソードと因縁を引っ提げて、ブルックが最終的に仲間になったのは、第489話「8人目」でしたが、ルフィはまだ東の海にいた第94話の頃から、音楽家を仲間にしたいと言っていました。

「医者もいいなー、でも音楽家が先だな」と。

なんでだよっ!とツッコまれると

「だって海賊は歌うんだぞ。」

超絶健康優良児のルフィにとっては、確かにまだこのとき、医者より音楽家の方が仲間にしたい優先度が高かったのでしょう。

そんな長年の願いがかなって、ブルックと出会えた時のルフィの喜びようときたら。

ブルックの衝撃的な外見と、骸骨がしゃべって動いているという信じ難い現実は、ルフィにとってなんら障害にはならず、むしろ仲間にする判断基準の一つである「面白いやつ」のゲージが振り切れ状態。

まだこの時点でブルックが音楽家であることを知らなかったにもかかわらず、ソッコー仲間になれと勧誘するルフィは、ブルックにとってどれほどまぶしい存在だったことでしょう。

ブルックの初登場時の麦わらの一味とのやりとりは、何度読み返しても笑えます。

 

壮絶な後半生

すべることも多いスカルジョークのせいか、三枚目の印象が強いブルックですが、実は骨のある男。骨だけに。

西の海(ウェストブルー)の出身で、元は、とある王国の護衛団長。この「とある国」というのが引っかかりますが、今後、ストーリーの中で明かされる何かの伏線でしょうか。わたし、気になりマッシュ。

かつては、泣く子も笑う音楽大好き「ルンバー海賊団」の一員でした。

ヨーキ船長が病気で離脱してから、ブルックは船長代理として賞金首にもなりますが、あるときルンバー海賊団は敵襲により全滅してしまいます。

麦わらの一味は、ロビンにせよナミにせよ、想像するだにつらい人生を送ってきた人が多いですが、ブルックの骸骨としての孤独な50年の歳月については、もはや想像することさえ困難です。

仲間を全員失い、自分はヨミヨミの実の能力で甦ったものの、恐ろしい骸骨の姿になってしまい、舵が利かなくなった船で、暗い海をさ迷うこと50年。

辛くない日などなかった・・・希望なんて正直見えもしなかったと。

フランキーにも「おれがお前なら・・・とうに命なんか絶ってる!!!」(第459話)と言われていました(もう死んでますけど)。

だからこそ、ルフィと出会い、「私!!!生きててよかったァ!!!」と叫ぶその言葉はとてつもなく重い。

ホントにブルック、生きてて良かったね!と言いたくなります。

 

ラブーンへの想い

そんなブルックにとって、孤独な日々を生きる力となっていたのが、生き別れたクジラ、ラブーンでした。

ラブーンが初めて登場したのは、まだ第102話。ラブーンがいた双子岬はグランドラインのほんの入口ですからね。

ルフィ達にとっては1年くらい前の話ですけど、読者にとっては大昔の話です。それだけに、ブルックとラブーンの関係を知った時には鳥肌が立ちましたよ、ほんと。

うぉー、そう来たかと。

出会ってすぐにフランキーが看破したように、おちゃらけていても心の奥に不屈の信念と熱い「てゃますぃー」を持ったブルック。

帰りを待ち続けているラブーンとは約束どおり正面から再会したいという男ブルック。

ブルックが麦わらの一味に入ったとき、遠く離れた双子岬で、ラブーンが何かを感じてゾクッとし、喜びの雄たけびをあげたシーン、大好きです。

ゾリラバは、ルフィが海賊王になるのと同じくらい、ブルックとラブーンの再会が楽しみだすやん。

 

ソウルキングの面目躍如

現在のビッグマム編でも、ブルックは目覚ましい活躍を見せています。

ビッグマム海賊団の厳重な警備をかいくぐって、まんまとポーネグリフの写しをとってみせました。直後にビッグマムに見つかりますが、そのときのサンジを思うブルックのセリフが泣けますね。

サンジはどこまでも優しいから、自分が犠牲になると決めたらテコでも動かないと。

ブルックには仲間の本質がよくわかっています。ダテに歳くってません。

また、サンジとプリンの結婚式では、ビッグマムのスキをついてマザー・カルメルの写真を割ることに成功しました。

ゾウに置いていかれそうになったブルックですけど、ホントに来てくれてよかった。

71歳も年下のルフィに、「今日より麦わらのルフィ船長にこの命‼お預かり頂きます‼」と言い切り、麦わらの一員となったブルック。

2年後の再結集の時も、あっさりと大スターの座をなげうったブレない男、ブルック。

他の仲間と同様、ブルックの音楽の力はきっと、ルフィが海賊王になるために必要になってくるはず。

今後も活躍が楽しみですね。

なお、2年間の修業時代、ブルックのエピソードの扉絵のタイトルは、『一宿一パンツのご恩返し』。

こういう尾田っちの言葉遊び、最高です。

蛇足ですが、今日4月3日は、ゴア王国のチンピラ海賊、ポルシェーミ(子供のルフィをトゲトゲのグローブで殴ったヤツ)の誕生日でもあります。

うん。どうでもいい。

-キャラ語り
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピースキャラ語り~センゴク

  最近、ブログネタに迷ったらワンピースキャラの誕生日を調べるようになったゾリラバです、こんばんは。   今日、5月9日は、センゴク元帥改めセンゴク大目付の誕生日です。     しかし大目付 …

ワンピースキャラ語り~“麦わらのルフィ”ことモンキー・D・ルフィ

  今日から出張だというのに、荷造りよりブログの更新を優先している「できる」社会人、ゾリラバです、こんにちは。   明日から3日間ほどブログの更新が困難になることが予想されます。 更新できたとしても読 …

小説ワンピースノベルエース第2巻“ONE PIECE novel A2(新世界篇)”感想

  ワンピース関連の新しい書籍が同時に4冊も読める喜びに、寝不足も吹き飛んでしまいそうな洋行帰りのゾリラバです、こんばんは。   2日遅れですが、一気読みしたエースの小説第2弾“ONE PI …

ワンピースキャラ語り~モンキー・D・ガープ

  休日に目覚まし時計が鳴るより早く目が覚めると、かなり得した気分になるゾリラバです、こんにちは。   今週は、GWで週刊ジャンプが珍しく水曜発売だったため、ワンピースの最新ストーリー展開についての更 …

ワンピースキャラ語り~ロブ・ルッチ

  いったん帰国したものの30時間後には再び出張に行かなくてはならない淋しい熱帯魚、ゾリラバです、こんにちは。   羽田空港の太陽がやけに黄色いのは、そう、寝不足なんかじゃなく、きっと気のせ …

カテゴリー

サイト内検索はこちら