ワンピース第966話"ロジャーと白ひげ" 感想・考察(その2) ロジャーは水先星(ロードスター)島から冒険をやり直した!空島にポーネグリフを刻んだのはおでん!シャンクスは拾われた赤ん坊? | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース第966話“ロジャーと白ひげ” 感想・考察(その2) ロジャーは水先星(ロードスター)島から冒険をやり直した!空島にポーネグリフを刻んだのはおでん!シャンクスは拾われた赤ん坊?

投稿日:

今週のワンピースの感想の続きを早く書きたくて仕事を超速で片付け、最寄り駅の商店街で初めて今夜がクリスマスイヴであることに気づいた、何かが欠けている大人の女(心は少年)ゾリラバです、こんばんは。

あ、どうも、メリークリスマスです。

え、ぞんざい?

 

とりあえず時候の挨拶も済んだことだし、早速、昨日の続き、いってみましょー!

以下、今週の週刊少年ジャンプに掲載されたONE PIECE最新話の内容に触れますので、コミックス派、アニメ派の方は、ネタバレご注意下さい。

 

水先星(ロードスター)島登場!

昨日、ロジャーと白ひげとおでんの3巨頭会談が、あまりにもゴージャスで胸熱すぎて、一気に感想を書ききれませんでした。

ロジャー(51才)と白ひげ(48才)に比べたらだいぶ年若いおでん(33才)ですが、二人の大海賊を前にして全くひけをとらない貫禄は大したものですね。

そして前日まで命がけの戦闘をしていた敵である白ひげとおでんに対しても、何ら包み隠さず世界の秘密を語るロジャーの器量の大きさが破格です。

 

そのロジャーが語ることには、なんと驚いたことに、「記録指針(ログポース)」の最終地点にロジャー海賊団が行き着いたのは、遡ること13年も前のことでした。

イヌアラシがゾウでナミの質問に答えて語っていた次の言葉が否応なく思い出されます。

“記録”を辿った先に興味があるのなら行ってみればいい……

その3本の指針が全て一つの場所を示す航路はある!!

本来ならば

その“記録”の終着点で初めて気づくのだ

“歴史の本文”と“古代文字”の「謎」に…!!!

それを生み出した文明と見えぬ最後の島「ラフテル」の存在に!!

ロジャーはそこから大きく冒険をやり直した

(ONE PIECE第820話)

ここでイヌアラシが言っていた「“記録”の終着点」というのが、今週初めて明かされた「水先星(ロードスター)島」なわけですね。

確かに「そこから大きく冒険をやり直した」と言っていましたが、まさか13年もかかっていたとは思いませんでしたわー。

ルフィ達麦わらの一味があまりにも一直線にわずか2年で(現実世界では20年以上かかってますが…)ここまで来たので、ロジャーもなんとなくあっという間に海賊王になったイメージがありました。

でもいろいろ紆余曲折があったんですねー。

 

やっぱり早い時期にロビンを仲間にしたことと、アラバスタ王国やリュウグウ王国やゾウやワノ国といった世界の秘密に直結する国の王族達を助けて、その真相に知らず知らず迫ってきた麦わらの一味だからこその、大幅ショートカットなんですね。

いやー、ホント感慨深いわ。

 

ロジャーとルフィの夢(ことば)

「今週ロジャーが語った言葉はルフィが子供の時に語った言葉と同じだろう」と昨日の記事でも書きましたが、その言葉を聞いた白ひげの反応は

何言ってやがるロジャー!!ガキでもあるめェし!!!

この白ひげの返しで、ますますゾリラバは確信しましたね。

まさにガキだった8才のルフィが言ったことと同じなんだろうと。

 

この言葉がなんだったのかは、一度改めてじっくり考察したいですね。

これまで散々、多くの人々のド肝を抜いてきたおでんが、ド肝を抜かれて固まるほどの言葉とは何なのか。

うん、年末年始の宿題にしましょう(また増えた)。

 

おでん、貸し出される

そしてロジャーが、敵である白ひげに後生の頼みと頭を下げて、おでんの1年間の移籍が決まりました。

おでん自身も、自分が探している答えがそこにあるかもしれないという予感がしたようです。

 

それにしても、あんなにおでんを船に乗せるのを嫌がっていた白ひげですが、4年の間におでんは奪われたくない“家族”になっていたんですね。

それはマルコ達白ひげ海賊団のクルーや、おでんにくっついてきたイゾウにとっても同じだったようで、イゾウは白ひげ海賊団に残っておでんの帰りを待つことに。

イゾウの肩を抱えるマルコや、両腕を広げて「コイツらは行かせない」というポーズをするビスタが可愛いですねぇ♪

イヌネコはまた密航しておでんについていっちゃいましたが。

 

赤ん坊なんて久しぶり

おでんの移籍ととともに、もちろん妻子であるトキ様とモモの助、日和も、ロジャーの船に移ってきました。

ここで気になるのはモモの助達をあやすロジャーとレイリーの会話。

赤ん坊なんて久しぶりだな!!

昔を思い出すな

 

これって昔はロジャー海賊団に赤ん坊がいたってことですよね。

海賊船に赤ん坊なんて、最もそぐわないもののような気がしますが、一番可能性が高いのはシャンクス?

謎多きシャンクスは、もしかしたら赤ん坊の時にロジャー海賊団に拾われたのでしょうか。

この何気ない会話、ゾリラバ気になります!

 

我ここに至り

昨年末の記事で推測したとおり、はやり空島の大鐘楼に「我ここに至りこの文を最果てへと導く」と刻んだのはおでんでした。

恐るべき見聞色の持ち主であるエネルさえ気づかなかった黄金の鐘の在りかを、ロジャーは石の“声”を聞くことで簡単に見つけたようですね。

本当に“万物の声”が聞けたんだなー。

 

いやー、それにしてもこの伏線、何年ぶりに回収されたんでしょうね。

確認したところ、この話が出てきた第301話が収録されたコミックス第一刷が発売されたのが2004年3月ですから、16年以上前ですね。

もう何度言ったか分かりませんが。

尾田っち。

恐るべし。

ワノ国の歴史と登場人物の年齢一覧も更新しました。

 


一番くじ ワンピース~Change of Generation~ A賞ゴール・D・ロジャーフィギュア スペシャルカラーver.[単品]

-ジャンプ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワンピース第956話“ビッグニュース” 感想・考察(その2) ドレークの正体は海軍本部機密特殊部隊SWORD(ソード)隊長!世界経済新聞モルガンズ社長の意地

昨日は朝からワンピースの“ビッグニュース”に振り回されて、それだけで三連休初日がほぼ終わってしまった残念で幸せな大人、ゾリラバです、こんばんは。 今週のONE PIECEは、様々な“ビッグニュース”が …

ワンピース第958話“約束の港” 感想・考察(その1) ワノ国の開国と“20年”の意味~ロジャーとおでんが待つもの

 昨日は第1回ワンピースナレッジキング決定戦を終えて脱け殻のようになりましたが、今朝ワンピース最新話を読んで、改めて気合いを入れ直したゾリラバです、こんばんは。 今週も、まさかの展開と、かねてからの疑 …

ワンピース第967話“ロジャーの冒険” 感想・考察(その2) 4つ目のロードポーネグリフは魚人島にあった!?ジョイボーイとONE PIECE

引きこもる楽しさを満喫した年末年始休暇も最終日を迎え、なんとなくクリスタルなゾリラバです、こんにちは。 今週明かされたロジャーの冒険をワノ国歴史年表に整理するため、過去の魚人島編やウォーターセブン編を …

ワンピース第939話“老いたる豹は路を忘れず” 感想・考察(その1) 日和を育てた河松はカッパ確定!

先週パソコンが壊れ、スマホからはなぜか記事にリンクが貼れないという苦境を、パソコンの復旧に望みをつないで耐えてきたゾリラバです、こんばんは。 しかしどうやらやはり新しいパソコンを買わざるを得なくなりま …

ワンピース 第903話 “5番目の皇帝” (感想その2)

    今週のワンピース、何回読み直してもまた最初から読みたくなるゾリラバです、こんばんは。   数時間前に、思いのたけを大いに語ったのですが、最初の4ページ分までしか進 …

サイト内検索はこちら

カテゴリー