ワンピース第949話"ミイラ" 感想・考察(その1) ルフィに理想のリーダーを見た!兎丼制圧! | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース第949話“ミイラ” 感想・考察(その1) ルフィに理想のリーダーを見た!兎丼制圧!

投稿日:2019年7月22日 更新日:

不順な天気のせいか続く原因不明の頭痛を、更年期障害と呼ぶことを断固拒否している永遠の乙女、ゾリラバです、こんにちは。

肩や首が痛いのは、決して五十肩などではなく、パソコン画面に長く向き合い過ぎたせい。

ドクトリーヌくれはをライバル視するゾリラバは、年齢の常識やレッテル貼りなんぞに負けません!

 

さて、ゾリラバの若さの秘訣はともかく、ずいぶん久しぶりの気がするワンピース原作の考察、早速いってみましょう。

今週は、ルフィが未来の海賊王であり、麦わらの一味の船長であり、『ONE PIECE』という漫画の絶対的主人公である理由の根源を見た気がします。

巷に溢れるどんな『リーダー論』より雄弁に、人の上に立つ者の資質を語っていますね。

以下、本日発売の週刊ジャンプ最新話の内容に触れますので、コミックス派、アニメ派の方は、ネタバレご注意下さい。

 

リーダーの素質① 自らリスクを負う

ルフィ達に当たらない疫災弾を周囲の囚人に放ち、感染者を増やしていく看守長ババヌキ。

何年も前から心が折られている囚人達は、“ミイラ”と呼ばれる恐るべき感染力を持った生物兵器の脅威に、再びルフィ達を責めます。

ここでルフィは、驚くべき行動を取りました。

触れただけで高熱と痛みが広がる人間兵器と化した囚人達を、感染をものともせず腕を広げて抱きかかえるルフィ。

瞬く間にルフィの顔や身体にも感染が広がり、チョッパーでさえ『ルフィ離れろ!』というレベル。

ミイラのように干からびた感染者の末路を目の当たりにしても、自ら進んで感染しながら「何が脅威だ…!!」と言い放つルフィの言葉の説得力よ!

 

リーダーの素質② 言って欲しい言葉を力強く言う

昔は強い侍だったのに、カイドウの圧倒的な強さの前に、「心の中までバキバキに折られて」しまっている禹丼の囚人達。

長きにわたる絶望のあまりに、収容所での強制労働がいつの間にか「日常」になってしまっていました。

しかし、自ら感染を引き受けながら「目ェ覚ませ!」と叫ぶルフィの一喝。

そして囚人達が恐らく一番聞きたかった言葉がこれですよ!

 

おれ達はカイドウに勝ちに来たんだ!!

 

この力強い確信に満ちたルフィの言葉ほど彼らの折れた心を再び奮い立たせるものはないでしょう。

 

革命軍のベロ・ベティ様は、民衆を鼓舞するコブコブの実の能力者ですが、ルフィはナチュラルボーン鼓舞イスト。

その場にいる者達を次々と味方につける、この海で最も恐るべき力を持っている(byミホーク)男です!

 

リーダーの素質③ 未来を見通し危機を回避する

ホールケーキアイランドでのビッグマム海賊団との戦い、特に人並外れた見聞色の覇気の持ち主カタクリとの死闘を経て、カタクリのように少し先の未来が見えるようになったルフィ。

今回もその能力を発揮して、破壊力最大の攻撃を防ぐとともに、ババヌキという一番厄介な敵を倒しました。

 

いつの時代も、先見の明を持って危機管理の最前線に立てるのは、リーダーとしての重要な資質でしょうね。

 

リーダーの素質④ あとを任せる

これは中々できそうでできないことなんですが、ルフィは本当に自分がやらなければいけないことと、人に任せた方が良いことの違いをよく分かっています。

 

例えばスリラーバーク。

オーズとモリアを倒すまでは絶対に倒れない。

でもそのあとは仲間に任せて安心して(?)気絶してしまいます。

 

ホールケーキアイランドでもそう。

最強のカタクリを倒すとこまでは自分がやらないといけないけれど、そこから先は仲間がなんとかしてくれると思っている。

だからサンジを見たとたん、大勢の敵に包囲されていても安らかに寝落ちてしまえる。

 

そこにあるのは信頼です。

今回も、希望を取り戻した囚人達に最後を任せ、ダイフゴーら看守長達を自分達の手で倒させることで、仲間意識と結束と彼らの決意を高めていますね。

それが全く計算でなく本能でやれてしまうところが、ルフィの凄いところ!

 

チョッパーの活躍来るか!?

無事に禹丼を制圧出来たのは良かったのですが、ルフィの“ミイラ”への感染は心配ですね。

でもここはきっと、船医ドクター・チョッパーがなんとかしてくれると信じたい。

今のところチョッパーの活躍はなく、揃い踏みのシーンでもチョッパーは「…誰?」みたいな扱いでしたから、きっとチョッパーが奇病に感染したルフィと囚人達を救うのでしょう。

チョッパーが「ゴムゴムのヘビースタンプ」のためだけに、禹丼に来たとは思えません。

ルフィとチョッパーのコンボ技は珍しいから、これはこれで楽しいのですけどね。

 


【中】ワンピースフィギュア 「和の国」ルフィギア4 スネークマン 海外限定GK完成品

-ジャンプ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワンピース 第924話 “は” 感想・考察 (その2)

ここのところスマホゲームにはまって仕事が忙しくて、更新が深夜になりがちな真夜中の天使、ゾリラバです、こんばんわ。 来週のワンピースは休載ということで、また1週間が長いですねぇ。 その間に先送りしている …

ワンピース 第919話 “おでん城跡” (感想・考察その3)

毎週、ジャンプに掲載されるONE PIECEの感想・考察をひととおり書き終えて、水曜か木曜あたりに、残った小ネタのことを落穂拾いのように書くのがなにげに楽しみなゾリラバです、こんばんは。 職場では重箱 …

ワンピース 第907話 “虚の玉座”(感想その3)

  仕事のストレスをブログを書くエネルギーに変換できる装置を誰か発明してくれないかなと思う文系人間、ゾリラバです、こんばんは。 今週のワンピースを読んでワクワクした気持ちも、水曜くらいになる …

ワンピース 第918話 “ルフィ太郎の恩返し” (感想その1)

誰よりも早く訪れた食欲の秋を喜びつつも、身体を動かさないと目に見えて体重が増えていく現実に打ちひしがれる、悩める(元)乙女、ゾリラバです、こんにちは。 今日はスクワットしながらスマホでブログ書いてます …

ワンピース 第928話 “花魁小紫登場” 感想・考察(その2)

クリスマス・イヴも自宅でのんびりワンピースを読めるだけでリア充を実感できる脳内お花畑女、ゾリラバです、こんにちは。 先ほど配信された「グランドライン通信」によると、これまでの“エピソードオブワンピース …

サイト内検索はこちら

カテゴリー