ワンピース第946話 "クイーンVSおリン" 感想・考察(その2) ルフィとローとキッドの揃い踏みが見たい! | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース第946話 “クイーンVSおリン” 感想・考察(その2) ルフィとローとキッドの揃い踏みが見たい!

投稿日:2019年6月26日 更新日:

月曜に書いたワンピース最新話の感想をアップするのを忘れて火曜の朝にアップする羽目になったのを奇禍とし、火曜日は更新を順延した転んでも只では起きないブロガー、ゾリラバです、こんばんは。

はい、意味がわかりませんね。

要は昨日更新をサボったことをなんとか言い訳しようとしているだけなので、気にしないで下さい。

そういうわけで、今週のONE PIECEの感想・考察(その1)で触れなかったネタについて、書いておこうと思います。

 

錦えもんとお鶴

光月トキの悪魔の実の能力で20年をタイムスリップしてきた錦えもんは、第924話で物陰から20年の歳を重ねた妻お鶴の姿を確認し、

お鶴…20年後も美しい…変わっておらぬな…!!

と身体を震わしていました。

さっさと会ってしまえ!とヤキモキしていたゾリラバの心を鎮めるかのように(違う)、今週の扉絵は、手をつないでデートする錦えもんとお鶴さん。

いいですねぇ♪               

お鶴さんが若いように見えるので20年前のデートでしょうか。

錦えもんは36歳にしては老け顔なので、むしろ今のお鶴さんの方が、夫婦に見えるような(笑)

 

錦えもんが言うとおり、お鶴さん、今も変わらず、いやむしろ今の方が美しい気がします。

怒った顔はすごかったけど…

錦えもんと身長差があるので、腕を抱えるように手をつないでいる若かりしお鶴さんも愛らしいですけどね♪       

 

 

キッドとキラー

今週、ビッグマム改めおリンちゃんが暴れたどさくさで、水責めの拷問から解放されたキッドとキラー。

大看板のクイーンがのされている現状では、卯丼の看守達にキッドとキラーを構っている余裕はなさそうです。

解放されても奇妙な笑いを止められないキラーが哀れですが、何とかルフィ達とともに卯丼を脱出できれば、共闘の可能性は高まりそう。

 

シャボンディのヒューマンオークション会場で、ルフィとローとキッドが並び立った絵は、鳥肌ものの格好良さだったので、是非あれをワノ国で再現して欲しい!

尾田っちならしてくれるんじゃないかな!?(←根拠はない)

卯丼ではローがいないから無理だけど、きっと鬼ヶ島では!

3人の揃い踏み! Once again, please!!!

 

ビッグマム性善説

記憶喪失のおリンちゃんことビッグマムは、なんだかずっと良い人です。

おしるこも、親切にしてくれたおこぼれ町の人達に食べさせたかったのだと。

子供の頃のリンリンも、ケンカする動物を仲良くさせようとしたり、関節が多い手長族の手をちぎってあげようとしたり(;’∀’)と、方向性は間違ってるにせよ、結果がホラーにせよ、人の好意に感謝する「善意」とか「優しさ」を持っている子供ではありました。

その後、善人とは言い難い大人達に揉まれ、四皇と恐れられる怪物になってしまいましたが、記憶をなくしたおリンちゃんは、子供の頃の性質が強く出て来ているのかな?

ま、破壊力は怪物のままなんですけど。

お玉ちゃん(とモモの助)を外に残してきたチョッパー達ですが、ひょっとしたら、お玉ちゃんなら暴れるおリンちゃんを止められるのではないかしら。

だいぶお玉ちゃんに懐いていましたから。

 

河松救出作戦

カリブーのスマシ攻略で河松救出のための鍵を奪いやすくなった雷ゾウですが、今回、檻だけ破壊された描写があったのはなぜですかね。

檻の鍵も繋がれた鎖の鍵も奪える状況なら、わざわざ檻だけ破壊されたことにしなくても良さげですが。

 

雷ゾウが近づいた時にも、「鎖に繋がれている」ことが強調され、今週も檻は壊されたものの「鎖に繋がれている」という描写がありました。

ここまで河松の姿を描くのを尾田っちが勿体ぶるのは何故だろうと勘繰ってしまいます(←いつも予想の斜め上の展開に踊らされるファンの悲哀)。

果たしてあっさり雷ゾウに救出されるかどうか。

 

ヒョウじいの男気

命を睹してルフィに修業をつけようとするヒョウじい。

ルフィにしても、逆はあっても自分が逃げようと言っているのに逃げない男を見るのは、エース以外で初めてじゃないでしょうか。

ルフィをして、バカか!?と言わせたヒョウじいは大した男です。

 

レイリーも、

“覇気”は…実戦の極限状態にこそ更に開花する(第886話)

と言っていました。

やはりヒョウじいとレイリーは知り合いなんじゃないかなぁ。

 

背後に自分に命を賭けてくれた守るべきヒョウじいがいて、四皇に正面から対峙せざるを得なくなったルフィは、きっとここでステージがあがるはず!

べべんっ!!!

-ジャンプ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース第932話 “将軍と花魁”感想・考察(その1) 小紫は武家娘!オロチはゲスだけどバカ殿ではない!?

エアコンの効きが悪くなり寒さに耐えかねて購入したパネルヒーターが思いのほか快適で、ますます引きこもりに拍車がかかりそうな三連休初日のゾリラバです、こんばんは。 先週のサンジの変身カラーに続いて、今週も …

ワンピース 第911話 “侍の国の冒険” (感想その1)

  最新号ジャンプのワンピースのストーリー展開に、海外出張の疲れも吹き飛んだゾリラバです、こんにちは。 結局、出張中の4日間、1度も更新できませんでしたが、その間も過去記事など読んで待ってい …

ワンピース 第913話 “鶴の恩返し” (感想その1)

  大阪の飲み屋で地元の知らないおじちゃんから、「あんた、おもろいなー♪」と言われて舞い上がっているゾリラバです、こんにちは。 大阪の人に面白いと言われるのは、ホーキング博士に賢いと言われる …

ワンピース第962話“大名と家臣” 感想・考察(その2) イヌアラシとネコマムシと河松の出会い

インフルエンザの予防注射を打ったら左腕がダルくて仕方ない、スマホより重いものを持ったことがないお嬢様、ゾリラバです、こんばんは。   うそです。 重いスーツケースでも自力で持ち上げます。 & …

ワンピース 第926話 “囚人採掘場” 感想・考察(その1)

今日からワンピース関連書籍の怒濤の出版ラッシュが始まると思うと、仕事中もニヤニヤが止まらないゾリラバです、こんばんは。 今日のジャンプの最新話を皮切りに、明日の2種類のビブルカードブースターパック、そ …

カテゴリー

サイト内検索はこちら