ワンピース第935話 "QUEEN" 感想・考察(その2)&第936話チョイ見せ | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース第935話 “QUEEN” 感想・考察(その2)&第936話チョイ見せ

投稿日:2019年3月15日 更新日:

前回の記事で「また明日!」と書きながら更新が3日も空いてしまった「書く書く詐欺」師ゾリラバです、こんばんは。

守れない約束はしてはいけないと、子供の頃から言われていたのに。

 

ようやく仕事から解放されたフライデーナイト、今週のワンピの感想の続き、早速いってみましょう!

アニメ派、コミックス派の方は、ネタばれご注意下さい。

ワノ国の銭湯文化

今週、かなりのページを割いて描かれたワノ国の銭湯。

江戸風に言えば、「湯屋」ですね。

見処は、ナミとロビンのボディラインだけではありません。

 

「尻に噛みつく」ほど熱い湯に我慢して入ることが江戸っ子の「粋」とされたことや、浴槽は低い石榴口(ざくろぐち)で洗い場と仕切られていること、背中を流してくれる「三助」がいることなど、江戸の銭湯文化がふんだんに紹介されています。

時代劇や歴史小説好きだけでなく、海外の読者にも喜んでもらえそうな、ワノ国を描くことを長く楽しみにしていたという尾田っちらしいサービスっぷり。

「花のヒョウ五郎」の説明をしつつ、読者の目を楽しませ、日本文化の紹介までするというね。

 

花のヒョウ五郎とくの一しのぶ

しのぶちゃんの口から語られた全盛期のヒョウじいは、まるで不動明王のようです。

今は小さくなってしまっていますが、ルフィがかけた情けは、またも大きな恩返しとなって返ってきそうな、そんな幸せの予感。

 

そして熟女兵器しのぶさんも、黒炭オロチに寝返ったお庭番衆を潔しとせず、光月家への忠義を貫く烈女であることが判明しました。

ひょっとすると、しのぶさんと同じ「忍び」である雷ゾウも、元お庭番衆なんですかねー。

 

謎の囚人は「河松」

兎丼の牢獄で毒魚を食べて生きながらえていた謎の囚人は、錦えもんが探してほしいと言っていた「赤鞘九人男」の生き残り、河松であることが判明しました。

そうすると、残るもう一人の強者“傳ジロー”は、シルエットが似ている“人斬り鎌ゾウ”でしょうか。

丑三つ小僧と天狗山飛徹の正体も気になるところです。

 

そしてワンピースドットコムに掲載された来週のワンピースのチョイ見せで、河松はなんと13年もの長きにわたり獄につながれていることが判明しました。

牢番でさえ顔を見たことがないようだったので、他の囚人のように労働すらさせられず禁固刑に処せられていたということですよね。

なんという精神力と生命力。なんという不屈の闘志。

13年ぶりに雷ゾウによって外に出られるのでしょうか。

3日後のワンピース最新話が待ち遠しいですねぇ。

 


ONE PIECE 92 (ジャンプコミックス)

-ジャンプ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース 第928話 “花魁小紫登場” 感想・考察(その3)

今年3月にこのブログを立ち上げて9ヶ月、皆様の励ましのおかげで早くも200記事を突破したことに驚いているやればできる子、ゾリラバです、こんばんは。 ワンピースヲタクの自己満足ブログをいつも訪れていただ …

ワンピース 第926話 “囚人採掘場” 感想・考察(その1)

今日からワンピース関連書籍の怒濤の出版ラッシュが始まると思うと、仕事中もニヤニヤが止まらないゾリラバです、こんばんは。 今日のジャンプの最新話を皮切りに、明日の2種類のビブルカードブースターパック、そ …

ワンピース第957話 “ULTIMATE”感想・考察(その3) シャンクスが四皇入りしたのはわずか6年前!光月おでんは白ひげ海賊団の元隊長!

好きなものは「最初に一口食べ、残りは最後までとっとく派」のゾリラバです、こんばんは。 新情報が多くて昨日の二回の記事でも語りきれなかった今週のワンピースですが、ガープじいちゃんと並んで一番語りたかった …

ワンピース第935話 “QUEEN” 感想・考察(その1)

今週は、日曜にアニメワンピースの放送がなかったことに気付かず、録画し損なったと思ってあちこちを無駄に探し回ったゾリラバです、こんばんは。 また「母娘で着る春のフリルワンピース」みたいのがいつのまにか録 …

ワンピース最新第961話“山の神事件” 感想・考察(その1) オロチは康イエのコマ使いだった!錦えもんと傳ジローはおでんの一番弟子

先週に輪をかけて多忙な1週間を終え、出口の見えないトンネルを歩いている気分のゾリラバです、こんばんは。 苦境の長いトンネルを抜けるとトンネルであった。 と日本文学史に残るノーベル賞作家も言っています( …

サイト内検索はこちら

カテゴリー