ワンピース第1018話“ジンベエvsフーズ・フー” 感想・考察 タイマンバトルと集団戦の戦況

ジャンプ

ワンピース第1018話“ジンベエvsフーズ・フー” 感想・考察 タイマンバトルと集団戦の戦況

投稿日:2021年7月5日 更新日:

先日新エリアがリリースされたボンボンジャーニーに夢中になり、今日のジャンプのチェックが出遅れたゾリラバです、こんばんは。

あっちもこっちも同時にはできないから、仕方ありませんな。

いわゆる「選択と集中」というヤツです(←ちょっと違う)。

 

さて、楽しみに取っておいたおやつを冷蔵庫から出してくる瞬間のように、ワクワクしながら開いた今週のジャンプ最新話、早速感想いってみましょう。

以下、本日発売の週刊少年ジャンプに掲載された“ONE PIECE”の内容に触れますので、コミックス派、アニメ派の方はネタバレご注意ください。

 

戦場のお友達

カイドウ軍の中隊長的な役割を果たしているギフターズの中でも、更に上の大隊長、連隊長クラスに匹敵する戦力を持つ“真打ち達”が凄いことになってます。

鬼ヶ島に来る前に家来にしたダイフゴー君(笑)やうま美ちゃんことスピード、一時はお玉を誘拐したガゼルマン達に加え、お玉の号令で、あらかじめきびだんごを食べさせられていた者達が一斉に寝返りました。

ホントに凄い能力。

ダイフゴー君のサムアップがじんわりと可笑しいです。

そして脚の速さに心肺機能が相変わらずついていけず、ハアハアしているガゼルマンもwww

 

ナミのしもべ再び

強力な戦力といえば、再びナミのしもべとなることを志願したゼウス。

えーダメよ、と断ったナミですが、続けていった言葉は

“相棒”なんてどお?

しかも破壊力最強のウィンク付きです。

これはゼウスでなくとも目がハートになって

ナミ〜〜〜❤️❤️

となるのも無理ありません。

ナミさん、なんという人タラシ、いや雲タラシ!

 

16,000vs9,000

30,000対5,400という圧倒的な戦力差で始まった鬼ヶ島最終決戦ですが、とうとう数の差が、16,000対9,000まで縮まってきました。

敵が約半分に減り、味方が倍に増えているのは、チョッパーやお玉の活躍で、(普通ではあり得ないはずの)戦場でのお友達、まさに「友軍」が寝返りにより増えているから。

約25,000あった戦力差を7,000まで縮めたというのはものすごいことですよね。

 

数の差を減らす戦いはここでひとまず終わって、これからは各地のタイマンバトルの状況が描かれていくのかな。

サブタイトルの“ジンベエvsフーズ・フー”からはそんな予感がしますね。

古い話ですが、アラバスタで麦わらの一味がバロックワークスと繰り広げたタイマンバトルで、「アルバーナ南ブロックポルカ通りの戦い—-勝者—サンジ」みたいなコールがあって、あれがすごくカッコいいなーと思ったんですよね。

あれをまたやってくれないかしら。

1番新しい仲間のジンベエから始まって、次々とタイマンバトルが描かれたら、かなりエモいですよね。

 

太陽の神“ニカ”

そしてそのバトルの間にも、ONE PIECEの壮大な謎に繋がりそうなエピソードをぶち込んで来るのがワンピースクオリティ。

いやもうね、このジンベエとフーズ・フーの会話については、書きたいことがてんこ盛りなので、明日に回したいと思います。

ちょっとだけ触れると「人を笑わせ苦悩から解放してくれる戦士」なんて、まさにジョイボーイ(JOYBOY)と重ならない?

「喜び」と「少年」という名詞を重ねても「人を喜ばせる少年」という意味にはならないけど、それは“ラフテル(LAUGH TALE)”が「笑い話」という意味の英語になってないのと同じだから、文法的にどうこうという野暮なことは言いっこなしで。

明日は魚人島と魚人の歴史とシャンドラとの関係について考えてみたいと思います。

今週の太陽の神“ニカ”のシルエットって、モンブラン・クリケット達が見た空島のルフィの影絵に似てますよね…(←明日と言いつつ語るのを止められない)

-ジャンプ
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワンピース第1019話“ヘリケラトプス” 感想・考察(その1)フランキーvsササキ決着!ヤマトは白虎?白狼?麒麟?

2週間ぶりに“ONE PIECE”を読める月曜は、「マンデーブルー?なにそれ美味しいの?」と言っちゃうくらいテンション上がりまくりのゾリラバです、こんばんは。 たとえ、今週のチラ見せでゾロが登場し、「 …

ワンピース第1025話“双龍図”感想•考察(その1)ヤマトは“鬼”の子‼︎仲間になるフラグ再び?

数日ぶりに仕事に行くと「もしかして私、仕事好きかも」という幸せな幻想を見ることができる働きアリ、ゾリラバです、こんばんは。 月曜にワンピース最新話を読むと、人の世の多少の困難は乗り越えられそうな気がす …

ワンピース第965話“黒炭家の陰謀”感想・考察(その2) オロチを操った先代マネマネの実の能力者は誰?背後にいるのは世界政府?

仕事で心身ともに疲れている時こそ、ワンピースについて語ることが大きな脳内リセット効果をもたらすことを実感している師走のゾリラバです、こんばんは。 ワノ国の過去編が大いに盛り上がりを見せています。 昨日 …

ワンピース第974話“いざ、鬼ヶ島!!” 感想・考察(その1)黒炭カン十郎の心の闇とルフィ、ロー、キッドの揃い踏み

月曜日の午前0時に定期講読中の週刊ジャンプが読めるようになったことを初めて知り、いそいそと今週のONE PIECEを開いたら、あまりの衝撃の展開に眠れなくなったゾリラバです、こんばんは。 なんなのー、 …

ワンピース第974話“いざ、鬼ヶ島!!”感想・考察(その2) カン十郎の残念な画力は演技!右利きなのに絵は左手で描いていた!?ルフィ、ロー、キッドはカイドウをどう倒すのか

一夜明けても、カン十郎のカムアウトがどうにも納得できず、どこかに良心の呵責の形跡はないかとドレスローザ編を読み直してしまったやるせない乙女(心は少年)、ゾリラバです、こんばんは。 昨日書ききれなかった …

サイト内検索はこちら

カテゴリー