ONE PIECE905話 緑牛登場!モデルと能力は? | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ 考察~徒然なるままに

ワンピース 第905話 “美しい世界” (感想その2)

投稿日:2018年5月30日 更新日:

 

出張2日目にして早くも「ワンピースについて語らないと死んでしまう病」の初期症状が出ているゾリラバです、こんばんは。

海外からスマホでの投稿なので、体裁が普段にもまして読みにくいかもしれませんが、御容赦下さい。

 

緑牛のモデル

 

ドレスローザのグリーンビットでドフラミンゴが大将藤虎と会った時に初めて名前が出て以来、ワンピースファンの間で、どんな能力者だろう、誰がモデルだろう、と話題になっていたもう一人の大将、緑牛がいよいよ登場しましたね(まだシルエットのみですが)。

黄猿のモデルが田中邦衛で藤虎のモデルが勝新太郎であることから、この二人とともに「浪人街」という昭和の映画で主人公を演じた原田芳雄が、緑牛のモデルではないかという説があるようです。

 

 

確かに、ウェーブのかかった長髪の感じとか、夜鷹の「おねーちゃん」たちのために権力に立ち向かう反骨の浪人の役柄とか、それらしい感じがします。

右上に藤虎(のモデルの勝新)、左に黄猿(のモデルの田中邦衛)がいるので、余計に三大将っぽく見えますね(笑)

「らはは」という笑い方も「はらだ」を連想させるといえないこともないこともないとは言えなくってよ(マリー・ナントカネット風味)。

 

緑牛の能力

 

緑牛と藤虎のやり取りから、緑牛は食べるのが「面倒くさい」という理由で3年も何も食べずに生きていることが明らかにされました。

なんですと?

まぁ、舌も胃腸もないブルックでもお腹が減るし味も分かるワンピース世界なので、どんなキャラがいても驚きはしませんが、何かしらの設定は用意されているはず。

緑牛がパシフィスタのような改造人間であれば、藤虎も「食べたら」とは言わないでしょうから、やはり悪魔の実の能力で、食べなくても生きていける身体だということでしょうか。

緑牛だけに、何か植物系の能力者で光合成ができるという予測はなかなか面白いかも。

映画『Z』に出て来たビンズのモサモサの実の能力とちょっと被るけど。

 

海軍本部Tボーン大佐

 

海軍の良心との呼び声も高い(ゾリラバの声)懐かしのTボーン大佐が、サラッと登場しましたね!

元帥赤犬の副官のような仕事をしているようです。誠実な勤務態度が認められて出世して中枢勤務になったのでしょうか。

几帳面な性格は幕僚としては重宝されそうですが、曲がったことが大嫌いで心優しいTボーン大佐には、赤犬の側に使える仕事はストレスが溜まるのでは、と余計な心配をしてしまいます。

前線で日夜か弱き市民を守る仕事の方が、正義感の塊のようなTボーン大佐には向いてそうな。

顔は怖いけど。

 


ONE PIECE 90 (ジャンプコミックス)

-ジャンプ, 考察~徒然なるままに
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワンピース 第920話 “おでんが好き” (感想・考察その2)

秋晴れの3連休の中日も、ブログデザインの改良と過去記事の見直しに勤しんだブロガーの鑑、ゾリラバです、こんばんは。 ま、簡単に言えば、1日中、引きこもってワンピース読んでゴロゴロしてたってことなんですけ …

ワンピース第969話“バカ殿”感想・考察(その2) オロチの罠と赤鞘九人男

何度も今週のワンピースを読み直し、おでん様の5年間の忍耐と無念に胸ふたぎ涙ぐむ秋の日のヴィオロンのため息、ゾリラバです、こんばんは。 はうっ(泣)   さて昨日はストーリーを追うのに精一杯で …

ワンピース第966話“ロジャーと白ひげ” 感想・考察(その2) ロジャーは水先星(ロードスター)島から冒険をやり直した!空島にポーネグリフを刻んだのはおでん!シャンクスは拾われた赤ん坊?

今週のワンピースの感想の続きを早く書きたくて仕事を超速で片付け、最寄り駅の商店街で初めて今夜がクリスマスイヴであることに気づいた、何かが欠けている大人の女(心は少年)ゾリラバです、こんばんは。 あ、ど …

ワンピース第937話 “おいはぎ橋の牛鬼丸” 感想・考察(その1)

今週のワンピース最新話でいよいよ始まったゾロ祭りに、興奮を隠しきれない「ゾロはスター教」教祖、ゾリラバです、こんばんは。 ティラリラッタラー♪(←祭りが始まった音) ワノ国編開幕以来、いや、ゾウでゾロ …

ワンピース第974話“いざ、鬼ヶ島!!” 感想・考察(その1)黒炭カン十郎の心の闇とルフィ、ロー、キッドの揃い踏み

月曜日の午前0時に定期講読中の週刊ジャンプが読めるようになったことを初めて知り、いそいそと今週のONE PIECEを開いたら、あまりの衝撃の展開に眠れなくなったゾリラバです、こんばんは。 なんなのー、 …

サイト内検索はこちら

カテゴリー