子供時代のビッグマムが起こした恐るべき事件 | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

アニメ

アニメワンピース 第837話“マム誕生 カルメルが消えた日”

投稿日:

 

週末は時間が経つ速さにめまいがするゾリラバです、こんばんは。

 

今週のアニメワンピースは、ビッグマムの過去篇第2回目。断食の苦しさに耐えられず、食い患いを発症したシャーロット・リンリン、後のビッグマムが、エルバフの村に火をはなったところからです。原作で言えば、第867話“Happy Birthday”に相当します。

 

ゲブーアツターク

 

恐らくソルソルの実の持ち主であったと推測されるマザー・カルメルが、その能力を使ってエルバフの村の火を鎮めた時の業名が「ゲブーアツターク」。ドイツ語で「誕生日(geburtstag)」の意味ですね。

 

今週のアニワンのタイトルは「マム誕生」ですが、ゲブーアツタークを意識してのことだとしたらなかなか粋ですね。シャーロット・リンリンの誕生日にまさに恐るべきビッグマムが誕生するきっかけとなった事件が起きたということでしょうが。

 

ゾリラバは初めて原作を読んだとき、ゲブーアツタークって、尾田っちのことだから、「あー食った、ゲブー」のアナグラムかと思いました

 

いやー、スワン、スワン。

 

滝ひげヨルルの墓

 

原作にないオリジナルシーンとして、ビッグマムにやられた滝ひげヨルル様のお墓が登場しました(原作では次回の別なシーンにちらっと登場)。

 

無邪気に、滝ひげ様はどうしたのかと尋ね、マザーから死んだと聞かされて「かわいそう」と涙を浮かべるリンリン。「覚えていないのか」という周囲のセリフが挿入されています。

 

食い煩いの間の記憶はなくなっているという描写は、最初の食い煩いの時にもありましたね。奇しくもその時もビッグマムの食い煩いのお題はクロカンブッシュでしたが、まさにリンリンの誕生日にクロカンブッシュを食べていて、恐怖の事件は起きました。

 

そして誰もいなくなった

 

このある意味ぞっとするシーンを、アニメで(PTAから抗議を受けたりしないように)どう描写するのかと思っていましたが、子供たちが全部食べてね、と言ったり、涙で何も見えなくなるリンリンの視点が描かれたりで、十分に怖い結末が暗示されていたように思います。やけに巨大なセムラとか、ちょっとドキドキしました。

ちなみにセムラというのは実在する北欧のお菓子です。ゾリラバも先日、新宿のとあるカフェで食べてきました♪

北欧のお菓子セムラ

 

それにしても羊の家がエルバフから引っ越していたおかげで、ゲズルちゃんが犠牲にならなくてよかった。

 

無事に成長して新巨兵海賊団に入れてよかった!

 

-アニメ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アニメワンピース第884話 “会いたい ビビとレベッカの想い” 感想・考察

先週、アニワンの感想を書いたのがもう何週間も前のことのような気がする時空トラベラー、ゾリラバです、こんにちは。 4日ほど留守にしていただけなのに、ワンピースの本やグッズに囲まれた我が家に帰るとホッとす …

アニメワンピース第833話 “盃返上!侠客(おとこ)ジンベエの落とし前”

    今朝、体重が自分史上最重を記録して、「悲しみがとまらない」を朝から口ずさんでいるゾリラバです、こんばんは。   今週のジャンプのワンピースの展開が素敵すぎて、書き …

アニメワンピース第902話“横綱登場!お菊狙う無敵の浦島!” 感想・考察 ルフィの覇王色とゾロの美学

昨日の京急“宴”線と横須賀市内でのONE PIECE三昧に続き、今日は念願の“モンキー・D・ルフィ島”を満喫してきた偽りの冒険野郎、ゾリラバです、こんばんは。 イベントの感想は記憶がフレッシュなうちに …

アニメワンピース887話 “一触即発 ルフィ狙う二人の四皇” 感想・考察

久々に骨太の考察やランキング、キャラ語りなどを書きたい気持ちが高まっているものの、次々に供給される新しいワンピースネタに更新が追い付かない早期退職希望者ゾリラバです、こんにちは。 今週のアニメワンピー …

アニメワンピース 第851話 “10億の男!最強の3将星カタクリ”

昨晩のONE PIECEエピソードオブ空島の興奮も冷めやらぬままに、今朝もアニワンを観て1日が始まる幸福を噛み締めている週末限定の自由人、ゾリラバです、こんにちは。 新機軸のストーリー構成による空島篇 …

カテゴリー

サイト内検索はこちら