ワンピース 第899話"最後の砦"(感想その2) | ガープの世界〜ONE PIECE(ワンピース)感想&考察byゾリラバ

ジャンプ

ワンピース 第899話”最後の砦”(感想その2)

投稿日:2018年3月28日 更新日:

今日も日付が変わる直前の更新になってしまい、最後まで感想を書き終わらない不安とはじめから戦っているゾリラバです、こんばんは。

 

最後の砦とは何か

昨日から、今週のサブタイトル”最後の砦”の意味を考えているのですが、ひょっとしてこれも尾田先生得意のダブルミーニングなのでしょうか。

ビッグ・マムの暴走と破壊を唯一止められる可能性がある奇跡としての”最後の砦”が、サンジ特製ウェディングケーキ。

そしてサンジが過去のトラウマを克服するために越えなければいけない”最後の砦”が、ジェルマとその象徴である父ジャッジ。

ジェルマの船は実際、見た目も砦のようです。

 

サンジとジャッジ

サンジは兄弟達の援護を受けて無事にカカオ島を脱出できましたが、サンジは驚きとこれまでの感情が入り混じって、終始複雑な表情のままでした。

ジャッジの援護に至っては、怒りと悲しみ、そして憎しみのような表情を隠しません。まあ、あんな言われ方をしたら無理もありませんが。

でも、ルフィに「何とか答えたらどうだ」と迫るジャッジも、本当に何かの答えを求めているのかもしれません。もしかしたら自分の価値観の方が間違っているのか。サンジは出来損ないではないのではないか。サンジを助けに来たルフィの行動と、自分達を助けようとしたサンジの行動。

ジャッジの表情からは、切羽詰まった真剣な問いかけに思えます。なんだかんだ言ってもあの優しいソラを妻にしていた人ですし、ジャッジ自身は感情がないわけではない。優秀な兵士であれば感情はなくていいというジャッジの信念が揺らぎ始めているのかもしれません。

このままルフィ達が無事に逃げ切っても、サンジは幼少期に植え付けられたコンプレックスを完全には解消できないような。ジャッジとの絡みがもう少しあってほしいと願うのは贅沢でしょうか。ジャッジが自分の価値観に疑問を持ち、今は亡き愛妻の言葉を思い出し、ジェルマとしては出来損ないでも人間としては最高傑作であるサンジの姿を、愛情深かったソラにダブらせてほしいなぁと。

その感情こそが、ジャッジとその子供たちが人間らしくある”最後の砦”ではないかと思うのです。

なんかきれいにまとまった感があるので、今日はここまで(笑)

 

-ジャンプ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンピース第930話 “えびす町” 感想・考察(その1) ビッグマム、ワノ国に到着!?

月曜朝の憂鬱さを吹き飛ばす今週のワンピースの展開に、久々にストーリーに絡む記事を書けるのが嬉しいゾリラバです、こんにちは。 早く仕事終わらないかなーとウズウズしてました。(←いつもと同じ) それでは早 …

ワンピース 第921話 “酒天丸” (感想・考察その2)

出張先は時差がわずか1時間しかない国だったにもかかわらず、酷い時差ボケに苦しんでいる究極の方向オンチ、ゾリラバです、こんにちは。 こういうだるい日は、ワンピースでパアッと気分を明るくするしかありません …

ワンピース第931話 “おそばマスク” 感想・考察(その1) サンジのレイドスーツはステルス・ブラック!!

『予想のはるか斜め上を行く』というONE PIECEを称賛する語彙としては使い古された表現を使いたくないのに、それ以上適切な言葉が見つからないことが、今日最大のストレスだったゾリラバです、こんばんは。 …

ワンピース 第907話 “虚の玉座”(感想その3)

  仕事のストレスをブログを書くエネルギーに変換できる装置を誰か発明してくれないかなと思う文系人間、ゾリラバです、こんばんは。 今週のワンピースを読んでワクワクした気持ちも、水曜くらいになる …

ワンピース 第904話 “革命軍全軍隊長登場”(感想その2)

  今週のジャンプはONE PIECE以外のマンガもなかなか面白くて、昨晩はワンピを3回しか読み込めていないゾリラバです、こんばんは。   だいたい1回目は興奮しながらズババババと読み、2回 …

カテゴリー

サイト内検索はこちら